【注目記事】丸パクリ歓迎・小論文 理想の医師像

ハイポの極みゆるふわ女医の初期研修休職体験談 vol.1

初期研修は2年やらなくてもいい⁈

コスパ厨ゆるふわ女医にとっての初期研修

初めまして。レイラと申します。これを書いている現在、医学部を卒業して1年と1ヵ月の初期研修2年目、休職してから約2ヵ月目です。
私は一言で言うと「コスパ厨」で、俗に言う「ゆるふわ女医」に分類されると思います。

なんか医学部入っちゃったけど、あまり医者の仕事がしたいわけではない。医療に対する情熱とか目標とか特にない。強いて言えばハイポ科でのんびり暮らしたいし、結婚したら仕事辞めて専業主婦になるか時短バイトのみで働きたい。副業で稼げるならあわよくばそっちを本業にしたい…

やる気ないなら帰れ?あざーす今すぐ帰ります!!! というタイプ。

同じタイプの多くの人にとって、「初期研修制度」「専門医制度」は非効率で面倒以外の何物でもありませんよね。できるならやりたくない、でもそれ以外の道があまり見えないから、みんながやってるから仕方なくレールに乗っている。

今回はそんな人たちにとっての最終手段、初期研修を最低労力で終わらせられるがあまり知られていない「休職制度」について、自身の体験談とともに書いていこうと思います。

初期研修を最速でおわらせるとは?

突然ですが、初期研修は最低何年やらないといけないか知っていますか?
バカにするな、2年に決まってるだろ、と大抵の人は答えると思います。けれどこれは本当ではありません。正解は1年8ヵ月です。

根拠は厚生労働省のページに記載されている90日ルールです。
90日ルールとは、簡単に言うと「90日以内なら研修中に休んでも、初期研修を2年で終えることができる」というものです。

「なお、休止日数が臨床研修における休止期間の上限である90日を超える場合には、90日を超えた休止日数分以上の日数の研修を行うこと」とあります。
つまり欠席日数が90日を超えると、留年して初期研修医3年目に突入するという感じですね。

ポイントはこの90日に、病院が元々休みの土日祝はカウントしないということです。
有給休暇、夏休みなどの「全員が取れる休み」もカウントされませんが、育休・産休・病欠などはカウントされます。(土曜も勤務の病院だと土曜はカウントされてしまいます。)

なので90日=3ヵ月ではなく、4ヵ月ちょっとは休めるのです。

土日祝休みの場合、例えば4月1日から休んだ場合は8月13日まで休める計算になります。
日祝のみ休みの場合は7月19日までです。結構休めますね。

一番賢いのはまとめて休まず、病院が認めてくれるなら一定の時期だけ週4勤務にするなど薄く伸ばすことだと思います。
週4で出勤する期間を設けるとすると単純計算で90週ですので、4月1日からなら12月22日まで週4出勤で乗り切れます。こうなるとだいぶ疲労度が違いますよね。嫌いなハイパー科を週4の時期に固めてしまい、ゆるいハイポ科だけ週5で行くことにすれば天国です。

ただし、もちろんそんな勤務体制を認めてもらうには理由が要りますよね。
出産や育児、家庭の事情などで休む人は別として、ただ研修がつらい、やりたくないが高じて休む場合は病気による休職という扱いになるので、診断書が必要です。
医者やりたくない病の診断書を貰うためには心療内科に通わなくてはなりません。具体的にどんな風になるのか、そこは後で少し私の話を交えて書こうと思います。

私が診断書を貰うまでの経緯

そもそも医師になどなりたくなかった

何故医者になりたくないのに医学部に入ったのか?
一定数いるこの層ですが、その答えは人によって様々だと思います。
私の場合は
①実家から逃げる方法がそれしかなかったから
②人生を捧げてきた夢に破れたから
でした。

実家から逃げる方法がそれしかなかったから

詳細は省きますが、私はお世辞にも良いとは言えない家庭環境で育ち、高卒ヒキニート19歳(なんでそんなことになったかは後述)だった頃に、

「お金も仕事もないけど家を出てこれからはホームレスとして生きていく」

という今思うと世間知らずすぎてありえない決断をしたくらい、実家が嫌いでした。
もちろん呆気なく阻止されましたが、その時に親が言った言葉が

「医学部に行くなら、一人暮らしの費用を出してあげる」だったのです。

とにかく家を出られるなら何でもよかった私は、家から飛行機の距離の医学部を狙い10ヵ月間猛勉強をして、見事一人暮らしを勝ち取ったのでした。

人生を捧げてきた夢に破れたから

趣旨にあまり関係ないのですが、私は10代の頃まで演奏家を目指していて、人生のほぼ全ての時間を練習に捧げてきました。
お陰で青春の思い出など皆無だし、当時流行っていた娯楽など何一つ知りません。

それが病気をしたことで練習が全くできなくなり、失意のうちに高校を卒業してしまい引きこもりニートになる…といった人生終わりコースを着々と歩んでいたのです。
なので「医学部に行く」という私の将来設計に全くなかった道を示されても、「今のままよりはマシだろうし、まあいっか」と議論する気力も湧かなかったわけです。

 

この記事を書いたのは

レイラ

ハイポの極みゆるふわ研修医。初期臨床研修医中断に関しての記事を書いている。文章からはゆるふわに研修を修了するためは努力を惜しまないという気概すら感じさせる。

レイラの記事はこちら

レイラのTwitter

医師国家試験 個別指導予備校MediE開校準備記念!モニターさん募集!

https://test.pick-design.com/2111/

(Visited 1,301 times, 1 visits today)

6 COMMENTS

トド がんせき

レイラ先生

記事拝読しました。私は医学部5年の女性ですが、とてもためになる記事でした。もともと体力がないので初期研修は不安ですが、休職できるということをこの段階で知れたのはありがたいです。
応援してます。

返信する
レイラ

コメントありがとうございます!
休職制度、最初から詳しく知っていれば私ももっと上手く使えただろうになぁという思いから記事を書いています。
いざという時には参考にしてください!

返信する
ぎりぎり

はじめまして、90日休職を狙う研修医一年目です。
有給や夏休みが90日にカウントされないというのは本当ですか?
当院の事務は把握していませんでした。

返信する
レイラ

はじめまして。
私の病院の事務の人に聞いたら、含まれないと明言していました。基本的に、「全員が取ることになっている休み」は含まれないようです。
病院によって違うのでなければ、含まれないはずです。

返信する
サトウマサコ

レイラ先生

記事拝読しました。
初期研修先を考えているのですが、どこの病院でも先生のようにハイポ研修を実現させることは可能なのでしょうか。
病院選びのコツなど教えて頂けましたら幸いです。

返信する
レイラ

コメントありがとうございます。
先輩や同期の情報網、病院見学で研修医に聞いた情報が最強というのは置いておいて、条件だけで見抜くポイントは
・土日が休みかどうか
・夏休みがあるかどうか、何日あるか
・マイナビレジデント、ホクトレジデント、レジナビ、その他初期研修情報サイトなどの口コミ
・当直が月に何回あるか(5回以上は除外)
・都会なら給料が高すぎないか
等を見るといいと思います。が、最終的には見学に行ってみないと分からないので、見学で研修医に
・大体何時に来て何時に帰っているか
・休日の呼び出しはあるか
・土日は本当に休めるのか
・当直は寝られるか
・何科志望の研修医が多いか(マイナーやハイポ科志望が多いとこはハイポな傾向)
などを直球で聞くのがいいです。「忙しいですか?」と聞いても、人による主観が混じるので意外と分からないです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です