【注目記事】丸パクリ歓迎・小論文 理想の医師像

(エッセイその4)初期臨床研修中断から再開までーー医師免許を持ったニートの生活

今まで公開したエッセイ:

初期臨床研修を中断するという選択(エッセイその1)

臨床研修中断までの道――職場に休みたいと言ってみた(エッセイその2)

休職してから――初期臨床研修中断、そして再開に向けての準備(エッセイその3)

中断中の生活

関東信越厚生局に行き臨床研修中断に向けて希望を見出した私は、臨床研修を中断してから再開するまでの生活について考え始めた。

仕事を辞めたら収入がゼロになる…。

実家に頼れば?という声が聞こえてきそうだが、私は働き始めてからは経済面に関して実家に頼らないようにしようと心に決めていた。

大学受験で1浪して私立の医学部に通わせてもらい国試浪人までしており、かなり沢山の費用を負担させてしまったので、働き始めたら自分のことは全て自分でやりたいと思っていたのだ。

とにかく、臨床研修を中断してから再開するまでの間にする仕事を探さなきゃいけなかった。

まずは学生時代のように、医療とは全く関係の無いバイトをしようかと考えた。
でも、時給がいいと思うような仕事はなかなかなかった。

それに学生時代とは「医師免許を持っている」という点が違う。

初期臨床研修を終わらせなければ原則診療行為はできないとはいえ、折角なら医師免許を持っていることをどうにか活かせないだろうか。

幸い、知り合いには色んな仕事をしている人がいたので色んな人に会って事情を話し仕事をもらおうと考えた。

どんな事をしたか

医師として

まずは医師としての仕事。
クリニックを経営している先生がいらしたので話を聞きに行った。

実は…臨床研修を中断する予定なのですが、
臨床研修再開までの間だけ先生のクリニックのお手伝いなんてさせてもらえないですか…?

初期臨床研修も終わらせていない立場でこんなこと言うのはどうかな…と思いつつ恐る恐る聞いてみた。

うーん、実はねえ…

先生曰く、中断中とはいえ初期臨床研修医が自由診療を行うことに関してはグレーゾーン?らしい。

もし自由診療をやりたいと思っている臨床研修中断中もしくは中断予定の研修医の先生は、ちゃんと話を聞きに行き自分の身は自分で守るのがいいと思う。

因みにどの先生も口を揃えて言っていたことがある。

初期臨床研修中断したのは仕方ないけど、絶対に修了はした方がいいよ。
保険診療ができることって本当に大きなアドバンテージだよ。
医師免許と初期臨床研修はセットだと思う

ふーん、そうか。でも色んな人生があったっていいじゃない。
その時の私はそう思った。

バーテンダー

2つ目の仕事はバーテンダー。
友人が複数人でバーの経営をしており、そこでバーテンダーとして週に1, 2日働くことになった。
お酒を飲むことや人と話すことが好きな私にとって、いつかやってみたいと思っていたことだったのでとても嬉しかった。

ブログ

最後のひとつは、これだ。

そう、ブログを書いて皆様に臨床研修を中断した私の経験談をお届けすること

これは医療エンタメという企業で行っている企画のひとつなのである。是非このブログ以外の記事なども見ていってほしい。また医学部受験や医学部での進級テスト、医師国家試験などに関する情報をお届けする事業も計画中なのでそちらも是非。

最後の面談

何となく臨床研修中断中の生活の見通しがついたところで、あっという間に休職期間の11月は過ぎていき12月はじめ、ついに臨床研修センターとの最後の面談に向かった。

研修センター長、アドバイザー2人、事務員2人、そして私。全員が席に着くとすぐに、研修センター長が口を開いた。

あれからどうですか

厚生局という強力なバックを手に入れた私(詳しくは前回の記事)はもう怖いものなんてない、そんな面持ちで答えた。

やはり、この病院での臨床研修は中断したいと思います。臨床研修再開病院について目処もたちましたし

そうですか、我々としても特に異論はないですね

そう言って研修センター長が他の職員と顔を見合わせた。

 

あれ、意外とあっさりしてたな。

厚生局が言ったとおり、引き止めたりなんだりというのは臨床研修指定病院の義務であって私が臨床研修中断しようがしまいが彼らにとってどうでもいいんだろう。

 

それから医師免許を持ったニート生活が始まった。

医師免許を活かすことも、今までと全く関係のないこと、やりたかったこともやれる生活は結構良い。

何より、ストレスがほとんどない。
朝異常な時間に早く起きたり、大量のカルテを書かなきゃいけず絶望したりすることもないのだ。

このまま臨床研修再開せずに「臨床研修中断」ではなく「臨床研修未修了」で
一生この生活続けてもいいんじゃないかしら…。

そう思うこともあった。

しかし臨床研修を終わらせて損がないなら、やっぱり再開しようかなあ。
先生たちも臨床研修は絶対修了した方がいいって言ってたしなあ。
きっと修了してみないと良さもわからないんだろう。

 

このまま医師をやめてしまうのではなく、臨床研修再開を視野に入れることにした。

 

この記事を書いたのは

中尾れたす

医師、112回不合格、113回合格。医療エンタメトップライター、編集もこなしエンジニアとしても活躍。国試合格後、喜び勇んで初期臨床研修を始めるも半年で研修中断。そんな中折れ研修医がこれからどう生きていくのか臨場感をもってお届けする。臨床研修医を中断するにはどうすればよいのか、そして再開するにはどうすればよいのかを伝える。

中尾れたすの記事はこちら

@gropout

@gropout

(Visited 402 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です